FC2ブログ

キャバい三連星  ~時々連邦の白いヤツ~

キャバリア三頭の健忘帳的ブログです。時々連邦の白いヤツも。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
2019-10-12-Sat-12-54

後書き

月曜から、出勤しても主のいないケージがぽつん。


1_convert_20191012123045.jpg


いつ帰ってきてもいいように、いつもの場所にケージとご飯。


2_convert_20191012123101.jpg


玄関も開けっ放しにしてたけど帰ってきやしない。


3_convert_20191012123114.jpg


朝・昼・夕方には玄関に椅子を出し、座って空を見上げても・・・わからん。
おまえら、目がいいだろ?
私は近視で老眼だ(汗


4_convert_20191012123128.jpg


水曜のこと。


5_convert_20191012123141.jpg


夕方、飛び立った方角を見ると、数件隣の屋根にヒヨドリらしいシルエットが。
明らかにこちらを観察して、逃げる様子も無し。
そのまま30分ほど見つめ合い、飛び立ちました。
普通、この距離でも人間の姿が見えると飛んでしまうし、30分一定位置にいる鳥では無い。
おひよさんだったのかなぁ。

生きていると信じるとしましょう。


6_convert_20191012123154.jpg


ええ、すっげー台風が来ます。


7_convert_20191012123208.jpg
※カレンダー日時は父が亡くなってからデスク周り手つかずだから。


なんとか生きながらえて


8_convert_20191012123222.jpg


大好きなお日様と戯れてください


9_convert_20191012123234.jpg


いいね?約束だよ。


10_convert_20191012123246.jpg


これにて、おひよさんの記事は完結です。
お読みくださった方々、ありがとうございました。






各種警報及び避難勧告が出ております。
が、ここはまださほどでも。
事務所が心配なのを口実に出社(?)
さっき、何かの鳥が窓際に来たけど確認出来ないうちに飛び立ってしまった。
避難してきたら暴風雨でも窓開けるぞー(笑)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
全国各地、台風被害が最小限になりますように。

スポンサーサイト



2019-10-10-Thu-07-30

決断の日

毎日毎日


31-1_convert_20191009180102.jpg


うちの秘書は自由人で


31-2_convert_20191009180115.jpg


甘えんぼで


31-3_convert_20191009180147.jpg


鬱陶しいけど楽しい毎日でした。


でも・・・9月最終週のある日


31-4_convert_20191009180201.jpg


ヒヨドリの成鳥がたまに来ていたのだが、ガラス越しにおひよさんと対面し、何かコミュニケーションを取るように。


31-5_convert_20191009180216.jpg


10月に入った頃から少し反抗的な態度・・・
ケージに入れる時、嘴で攻撃してくるようになった。


31-6_convert_20191009180228.jpg


でも、可愛くて可愛くて。
外に放つのが不安で不安で。


31-7_convert_20191009180239.jpg


薄々感づいていた。
野生の生き物は野生に帰るんだって。


10月6日、日曜日。
私は試合だった。
朝、ケージから出して・・・と思うが手に停まらない。
こんなことは初めてだった。

ご飯を私の手から食べない。
これも初めてのこと。

ケージに戻そうとするが捕まらない。
これも初めて。

仕方なく事務所内に放ったまま試合へ行く。

すぐ近くのコートだった上、予選後2時間ほど空くので事務所へ。


私が帰社するといつも歓喜で震え、踊り出すのだがそれも無し。


・・・・・おひよさん、出るか。外へ。


無理矢理捕まえて、外に出る。
恐る恐る手を離す・・・・・が、飛び立たない。

数分後、そのまま事務所へ。

おひよさんはおひよさんなりに何か考えてる。

もう一度、手を差し伸べる・・・・が、昨日までのように私の元には来ない。

何分経っただろうか。
もう一度、捕まえて表へ。

指の上であちこち見回して・・・・でも飛び立たない。

5分ほど経過しただろうか。

おひよさんは飛び立った。

こちらを一瞥もせず、風に煽られながらふらふらと。

私は試合時間ギリギリまで待った。
けど、帰っては来なかった。

試合中も、事務所の窓全開にして、ご飯も用意しておいたが来た形跡はなかった。



あれから5日経ちます。
親や仲間と会えましたか?
寒くないですか?
ご飯にありつけてますか?
そこには、パンもバナナもトマトジュースも無いよね。

これから台風が来るそうです。
寒かったら、お腹が空いたら、ここに来てください。
窓、開けてあるし、バナナと小松菜は外にも置いてあります。


私は日曜以来、空ばかり見ています。
シルエット、鳴き声、飛び方である程度の鳥種の判別がつくようになったけど・・・・
おひよさんなのかはわからないや。


31-8_convert_20191009180251.jpg


これが日曜、最後に撮った写真。


たった70日だったけど、君は私のパートナーでした。
あたたかさも、重さも、においも、爪の感触も、嘴を耳の穴に突っ込まれた衝撃も、きっと忘れません。
勘違いだと言われようが、互いに伝わる感情が我々にはありました。

ありがとう。
生きながらえるんだよ。


追記
今まで保護し、放鳥したり、他の動物を保護して里親に出したことが何度もありました。
でも、何故かおひよさんに対しては今までにない特別な感情です。
霊とか魂とか、そんなものがあるのなら、私が天に還る時には空から迎えに来てください。
それぐらいの恩返しはしておくれ。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村