FC2ブログ

キャバい三連星  ~時々連邦の白いヤツ~

キャバリア三頭の健忘帳的ブログです。時々連邦の白いヤツも。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-03-09-Thu-18-27

哲学

ブログを読んで、またしてもメッセージ、また、心配してくれて電話をくださった方々、ありがとうございました( ノω-、)
とても嬉しく、励まされました。
なにぶん、500人規模の葬儀だったので訃報も手が回らず不義理をしてしまった方々も多かったようです。
申し訳ございません。

でね、思いました。
私は結構ドライなんですが、メッセージや電話でこんなに励まされるとは。
自分関係の方からの献花がこんなに染みるものだとは。

体験して初めてわかりました。
恩はきちんと返そうと心に刻んでおきます。


皆様、


01_convert_20170309175516.jpg


おまえらブラジル人か!?(´-ω-`;)ゞ

ホントは今日から通常記事のつもりだったのですが、触れたのでもう一回だけ葬儀にまつわる話を。


父の体調が思わしくない頃、父の実兄の枕元に亡くなった祖父が立ったと言っていました。
10数年前、父の胃ガンが発覚する前、母の枕元に亡くなった祖母が立って病院で検査するようにとしつこく言ったそうです。
妹が原因無名の頭痛に襲われた時、やはり祖母が母に「このままだと手遅れになるよ」と言われて大学病院で検査したところ髄膜炎で危機一髪でした。
数年前、私の夢に数日前に亡くなった叔母が出てきて「財布の中身を増やしてやる。ただし、期限は一ヶ月」と言い、そのとおりになりました。
友人の葬儀の時、仲間と写真を撮ったところ、全てにオーブがひとつ、写っていました。

さて、魂はこの世にある(いる?)のでしょうか?


02_convert_20170309175531.jpg


私も霊的な事柄でしか片付けられないようなことを散々体験しております。
と、なれば、父の逝去によって何か・・・


03_convert_20170309175541.jpg


うんにゃ。いないみたい。
少なくともこの辺りにはいませんなぁ。多分。


04_convert_20170309175551.jpg


父に可愛がられていた妹も、危篤状態の時から「ここにはいない」と感じていたらしい。

はて、どこに行ったのやら。


05_convert_20170309175600.jpg


あるようでない、ないようである。
あるかないかはあなた次第!
って、仏教は哲学だなぁ。





でもさぁ・・・亡くなった歴代の犬達でさえ、数日後にお別れに来たんだぞ?(苦笑)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://triplestar315.blog.fc2.com/tb.php/1143-8f4a7318



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。