FC2ブログ

キャバい三連星  ~時々連邦の白いヤツ~

キャバリア三頭の健忘帳的ブログです。時々連邦の白いヤツも。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-03-23-Fri-19-08

小二病

さて、最初にお断りしておきます。
今日の記事、長~いです。
45歳以下、かつ小二病患者の方以外は写真のみ閲覧を推奨します。


私、マンガ大好きなのは過去に公言しておりますが、数あるボクシングマンガの中ではダントツに「B・B」(石渡治先生作)が好きです。

スポコンマンガ王道のストーリーとしては

1 主人公には「それ」しか無い(矢吹ジョー、幕内一歩等)
2 多くの才能に恵まれながら「それ」に出会って開花していく(山田太郎、桜木花道等)
3 単純に滅茶苦茶バトルパターン(リングにかけろ等)
4 無敗が売り(陸奥九十九等)

がありますが、B・Bは「2」のケース。
「4」以外は挫折を経て強くなっていくのですが・・・・B・Bの主人公:高樹翎の場合、挫折の方向がとんでもないのです。


01_convert_20180323134407.jpg


ストーリーを追いますと・・・

ある日、天才トランペッターの高校生:高樹は友人のトラブルに巻き込まれる。
喧嘩では負け知らずの高樹だったが森山という男に惨敗。
森山が同じ年齢、そしてボクサーと知り己もボクシング部へ入部。
森山にリベンジするため、顧問:オットセイのスパルタ指導の下、10cmの爆弾という必殺ブローを身に付ける。

と、ここまではまあ、普通。

が、前年度インターハイ優勝者:木地本の卑劣な行為(森山の妹を誘拐。脅して森山に勝利)により森山との対戦機会を失う。
その行為に激高した高樹にハサミを振りかざす木地本。
結果、「10cmの爆弾」で殺害、船でアメリカに逃亡する(後に、高樹を追う刑事から正当防衛または過剰防衛で逃げることは無かったと言われる)
アメリカでは地下ボクシング界で無敵を誇るも対立するマフィアに利用され、命を狙われる羽目に。
それを高樹のボクシングセンスに惚れ込んだ「マジシャン」なる男に救われ、ある組織に加入することとなる。
その組織の名は外人傭兵部隊「スリーピングシープ」(スリーピングドッグのパロ)
スリーピングシープはCIAと密接しており、CIAの依頼を3つ完遂すればアメリカ市民権を与えるとの約束の下、苦悩しつつ拳を血に染める。
最後の依頼・・・ソビエト(30年前のマンガなので)からある重要人物を救出すれば市民権を得、ボクシングの道に戻れるはずだったのだが任務失敗。
高樹は捕らえられ洗脳・・・自分が何者なのかを忘れ、ソビエトの軍人として捕虜収容所に勤務することとなる。
そこでは元世界ランキング3位:ドッズという黒人捕虜に軍人ではなくボクサーだと見抜かれ、彼の尽力&死闘によって記憶を取り戻す。
その後、ソビエト軍を欺き、ドッズと共謀、スリーピングシープの援護もあり重要人物と脱出に成功。
晴れて市民権を得た高樹は森山と雌雄を決するために世界チャンピオンを目指すのだが・・・
支援を申し出たのは救出した重要人物である世界の穀物王ガーギル(カーネル財団のパロ)であった。
命を救ってくれたお礼として、ガーギルは高樹を養子とし、無限の財力を使って最短での世界王者の道を進むよう提案。
この財力使い、スリーピングドッグのエッジ(元ウォール街の有名仕手師)を中心にド派手な手法で階段を駆け上がる。
その後も命を狙われたり、日本に残してきた恋人の死、用兵時代に受けた重大な後遺症を乗り越え、宿敵森山と対決する・・・

という、あまりに荒唐無稽ですがちゃんとストーリーはあります。
常に斜め上のストーリー展開だから私は好きな作品なんですね。
※記憶を基に全く調べず書きました。間違っていたらごめんなさい。


さあ、お待ちかね。
B・Bと正反対とも言える「リングにかけろ」(車田正美先生作)
これは間違いなく、先述「3」の作品です。
おそらく、必殺技の名前を叫ぶだけで相手が吹っ飛ぶパターンを最初に作ったマンガw
ストーリーは、あるようで、無し(笑)
が、ネーミングセンス抜群すぎてス・テ・キ♪
小二病患者の魂を揺さぶるわけでございます。


さあ、それではリングにかけろ、必殺技をいくつか紹介しましょう!!


02_convert_20180323134420.jpg


志那虎一城の必殺ブロー。
0.1秒に5発の左ストレートを放つ。
尚、実は右手は不自由であるため画像は脳内反転してくださいw

あ、違うマンガで似たようなのがあったな。


03_convert_20180323134432.jpg


ご存じ、漢の子なら絶対大好き。魁!男塾のJことキング・バトラーJrの必殺ブロー。
0.7秒間に10発のパンチを放つ。
「俺の名前はJ。キング・バトラーJr」のセリフも小二心をくすぐった。

ってか、比較すると志那虎スゲーな(汗)


04_convert_20180323134444.jpg


「りんかけ」の代名詞といえばブーメランフック。
主人公:高嶺竜児の必殺ブロー。
この頃は比較的まともだったが服やサンドバッグが裂けるということはクリーンヒットしていないのでは?とも疑問有り。


05_convert_20180323134457.jpg


同じく高嶺竜児の必殺ブロー。
この世界では同じ技が通用しにくいようで、ブーメランフック→ブーメランスクエアー→ブーメランテリオスと進化。


06_convert_20180323134510.jpg


ご存じ、キャラクティカマグナム。
竜児のライバル、剣崎順初期の必殺ブロー。
見た目、ただの右ストレート。


07_convert_20180323134521.jpg


右がマグナムならば、左はファントムだ!!
ってことでギャラクティカファントム。
見た目はただの左ストレートだが、放つと後方に惑星群が発生する。


08_convert_20180323134547.jpg


ジェットアッパー。
貴公子、河井武士の必殺ブロー。
うん、ただの大振りの右アッパー。


09_convert_20180323134559.jpg


ジェットラベンダー。
同じく、河井武士の必殺ブロー。
うん。ただの大振りの左アッパー。
尚、これを放つとピアノ演奏者の道が閉ざされるという禁忌の技(らしいが後にしれっと演奏している)


010_convert_20180323134612.jpg


攻撃だけでは無くディフェンスも。
志那虎一城の神業ディフェンス。
観客にはパンチが体をすり抜けるように見えるらしい。



さあ、最後は高嶺竜児のファイナルブロー!!


011_convert_20180323134623.jpg


はっ!!?

チャイ子さん、締めなんだからしっかり打ってよ!


012_convert_20180323134636.jpg


チャイ子、それ、ただの挙手じゃ。

娘に協力してもらい、チャイ子バージョンも沢山撮ったのですが何か違う・・・
故にティオ造の画像が多くなりました。


013_convert_20180323134650.jpg


だな。
文化系ネタの時には頼むよ。チャイ子さん。




今日は本ブログ史上最長の時間を掛けて無駄な記事を書いたぞー!
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

2018-03-23-Fri-21-58

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-03-24-Sat-11-31

リングにかけろ!
子供の頃を思い出して、懐かしく読ませていただきいました。
車田まさみ先生の「風魔の小次郎」も好きでした♪
2018-03-26-Mon-13-14

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://triplestar315.blog.fc2.com/tb.php/1187-b253d354



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。