FC2ブログ

キャバい三連星  ~時々連邦の白いヤツ~

キャバリア三頭の健忘帳的ブログです。時々連邦の白いヤツも。

メニュー目次メニュー目次メニュー目次メニュー目次
-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018-05-17-Thu-18-55

ポリス

ポリスと言えば「見つめていたい」でしょうか?
が、私は断然「シンクロニシティⅡ」が好き。
そもそも「見つめていたい」の原題「Every Breath You Take」は・・・変態じゃん(汗)


と、藪から棒に何だ?と思われるでしょう。

ここ数日触れている桑原みずきさんのブログに非常に興味深い記事がしたためられておりました。

「犬って人間の言葉はわかるの?」

思い返せば私が14歳の時に初めて犬を迎え入れ、ほぼ切れ目無く実家には犬がいる状態。
(東京・横浜時代は離れておりましたが)
そして、9年前からは自分でも飼っております。
その14歳時からずーっと「こいつら、俺の言葉、わかってるのかな?」と疑問に思っておりました。
当時飼っていたミニダックスは人間同士の会話を聞いていじけたりいやがらせ(糞尿爆弾w)をしましたからね。

桑原さんのブログでは「犬は言葉の意味を理解していない」と結論付けています。
私も概ね同意。
しかし、先述のミニダックスは17年生きましたが晩年は(言語を含め)まるで人間と対峙しているかのような錯覚に陥ることがしばしばありました。

犬に「人間語、理解出来てる?」って訊いて応えてもらわないと確実なことはわかりませんがね。
なんせ、オカルト界では「実はイカは高度な頭脳と知識を持っていて、次に地球を支配するのはイカだ!」って定説(?)もあるくらいですから人間以外の事はわかりません。


01_convert_20180517175908.jpg


うん。わからん。
が、1割位はわかるかなー。付き合い長いし。

と、前振りが長くなりましたが、「犬は人間の言葉の意味を理解していない」という前提で疑問。

お散歩中、犬が先行している状態。分岐で「あ、今日はそっちじゃない。こっち」って思うと・・・


02_convert_20180517175919.jpg


と、犬達が自分で軌道修正。
もちろんリードで合図した訳でも無し。
8割位の確率で起こりますので偶然とも思えない。
他にも「それダメ」「ちょっと待って」と思うと止まって振り返ってくれる。
これはなんなんだ??


片やチャイ&ティオ。
私に考えを察する能力が無いからなのか、


03_convert_20180517175931.jpg


お散歩で私を見つめて「そっちはイヤ。こっち行きたい」とか「新鮮な水に入れ替えてくれ」とか、私が視線を外していてもごり押しオーラで伝えてくれる。
反面、私の体調が悪いときや気持ちが晴れない時は


04_convert_20180517175942.jpg


と、いつもよりちょっと遠いところから見つめてる。


05_convert_20180517175954.jpg


チャイ子さんは1/4マルチーズですしね。
マルチーズは聴導犬として最適な繊細さを持っていると言われてますし。


06_convert_20180517180031.jpg


三代目マルチーズのあなたは今までに無い極道犬ですけどね。


で、だ。
犬には人間の心を読み取れる能力があると仮定しよう。
だったら何故色々問題を起こす?ティオ造さん?


07_convert_20180517180019.jpg


ホント、ティオ造を迎え入れてから、飼い主としての資質を試されている気がしてなりません・・・



最後に、最大の謎ポイント。

休日前夜、平日同様に夜を過ごす。
朝、リビングに入るなり・・・


08_convert_20180517180042.jpg


おまえら、何故人間の休日がわかるんだ?
平日朝はぐーたらしてるだろ?


人間と犬、言葉は通じなくても、ハンドシグナルも通じなくても、シンパシィというかシンクロニシティというか・・・
そんなものが、あると思います。







余談ですが、ポリスと言えばスティング。
スティングとケビン・ベーコンが似てると思っていたのは私だけでしょうか?
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://triplestar315.blog.fc2.com/tb.php/1208-0f2f793e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。